ハッピーメールの歴史と現在について

ハッピーメールとは出会い系業界としてかなりの知名度を誇る優良サイトです。今回はその歴史と、現在における当サイトの特徴やシステムについて述べます。

ハッピーメールは現在までおよそ15年にわたり運営を続けられております。設立当時は、まだ携帯電話によるインターネットへのアクセスが可能になって間がない頃でした。その頃は会員制ではなく、どこにでもある無料掲示板の体制を取っておりました。しかし、運営するにあたり、様々な問題が訪れます。莫大なサーバー代による運転資金の高騰化や、悪質なユーザーによるモラルを欠いた書き込みなどがその例にあたります。また、多数の迷惑メールが送信させることで掲示板が汚されるといったトラブルも発生しました。これらは人気サイトの多くが経験する問題であり、当サイトもそれらへの対応に迫られることになりました。その結果、現在の会員制に至ったのは2003年になります。

そこから、会員数の3割に相当するお友達紹介による登録をはじめ、現在まで会員数は500万人を突破するという絶大に人気を得ています。また、毎日のアクセスは200万以上と言われるなど、出会い系サイトの中では日本最大級と言われる巨大サイトへの成長を遂げております。

このサービスのどこが良いかと言いますと、まず会員を呼び込むため利用意思がないのにわざと登録する、いわゆる偽客が存在しないことです。意図的な会員数の水増しがないことが明らかになっているため、ネットトラブルに対して警戒心の強い人々に対しても取り付きやすくなる配慮がされているのです。

また、宣伝が積極的であることも好感を持たれています。全国発売されている週刊誌、新聞、広告など多数のメディア媒体で名前を見かけられる関係で、通勤中の電車内や会社などの仕事場、また家など、場所を問わず人々に興味を持っていただけるように努力されていることもユーザーからの評価を得ています。

このように、ハッピーメールは、日本最大規模にして、最もユーザーに優しい出会い系サイトとして、今日まで絶大な人気を誇っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です